日本伝統再築士会京都支部

古民家から学び、後世に受け継ぐために…

平成の太子講

京都の月読神社で執り行われた、平成の太子講に参加させていただきました。

 

f:id:tkimura330:20170412015324j:plain

 

太子講とは、

聖徳太子を讃仰する宗教講,または大工,左官など建築関係の職人たちが,それぞれ同業者集団として結束をはかるため聖徳太子を守護神として行う職業講をいう。真宗では,親鸞が和国の教主とたたえた聖徳太子の奉賛が盛んで,存覚の太子講式にのっとって行われた。聖徳太子が寺院建築史上大きな存在であったところから,江戸時代には職人ことに大工,左官,鍛冶屋,屋根葺き,桶屋などが工匠の祖として祭るようになり,忌日の2月22日に太子講を行った。(コトバンクより引用

 

 

f:id:tkimura330:20170412115328j:plain

f:id:tkimura330:20170412132148j:plain

 

太子講とは直接関係ありませんが、

当たり前のことを当たり前にくりえすこと、

の難しさと大切さを再確認したような気がします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

広告を非表示にする